墓じまい時における新たなカタチ提案

 

<<要望>>
父親の実家の墓じまいを依頼
●背景●
依頼主のMさんのお父さんは、もともとT家の出でM家へ養子に入った。その父がいたときは兄弟たちとともに墓守をしてきたのですが、皆他界となり、また墓自体が地方にあり、台座の風化損傷も多々見られるようになり、管理上厳しくなり、この機に墓じまいすることにしました。

<<展開>>
墓は撤去処分することに。遺骨については、M家のお墓の方に改葬納骨する。
●新たな提案●
処分にあたり、T家の証がなくなるのですが、一部御影石の部材を利用、再加工して、新たに墓誌を作って、新たな証にしてみてはどうか?(M家の墓石の中に設置)

<<声>>
T家のお墓が完全になくなるのだと思ってましたが、提案により、新たなカタチで供養できることとなりありがたいです。